こんにちは、運送業許可愛知(行政書士事務所シフトアップ)の一番星系行政書士の川合智士です。貸切バス許可申請

 

 

 

 

 

先生、監査が来ました。予告なしに来て日報と点呼簿の写真を撮って運輸局の監査官が帰っていきました。来週もう一度監査に来ます。助けてください!どうしましょう・・・

ある日の午後に電話が入りました。

 

以前に貸切バス事業の名古屋営業所新設のお手伝いをした、㈱M様からでした。営業所新設の認可は2月に下りて、巡回指導も終わり、顧問は不要とのことで、そのまま音沙汰なしの状態のお客様です。

こちらから、電話しても、社長はつながらずだったので、私も連絡をしないまま何か月か経っていました。

心配はしていましたが、こんなに早く監査が来るとは・・・。

 

バス事業は本当に一般貨物の運送事業より取締が厳しいと思いながら、これまでの運営状況を確認させていただくと思いもよらない事態になっていました。

役員の交代やら何やらで、運行管理がほとんどできていない。これは本当にまずい状況です。

さらに詳しくお聴きすると、監査官が来た時は、運行管理者さんは本社の安全会議に行っていたらしく、日報と点呼簿の写真を数枚撮って「一週間後に、もう一度監査に来ます。その時は、運行管理者と名古屋営業所の所長さんは必ず立ち会ってもらいます」と事務員さんに告げて帰ったそうです。

 

「先生、帳票の管理できてないんです、助けてください」と本社の統轄部長じきじきにお電話を頂きました。

頼りにして頂き電話をくださるのはありがたいものです。感謝、感謝。

 

こういう時の運送事業者さんの気持ちは皆さん一緒です。「もっとしっかり管理しておけば良かった。営業停止になったらどうしよう・・・」

そうですね、売上ダウンに直結しますから死活問題です。事業者さんであれば、心配になって当然です。

 

あれこれ考えるよりも、まずは状況確認させてくださいと告げ、翌日急いで事務所に伺いました。

運転者台帳、車両管理台帳等はしっかり管理されていたのでホッとしましたが、点呼簿、日報、引受書が記載漏れ、歯抜け、運行管理者の印鑑漏れ、バスがエンジントラブルで故障して1ヶ月近く運行できていない、などの不備があったのでまずは重要なところから不備訂正していくようにお願いしました。

 

「なんとか頑張ります」と所長さんがおっしゃってくれたので、監査当日立会いのお約束をし、私はその日は帰ることに。

監査当日まであと5日。その間にしっかり不備訂正しておかないといけません。なぜなら、㈱M様は、東京に続いて、九州地方にも営業所新設の申請をしています。

日車や営業停止になれば、欠格事由に該当し、申請は取下げ、営業所立ち上げが予定通りできない可能性があります。

そして、監査当日、朝10時きっかりに監査官3人が険しい表情で事務所に入ってきました・・・。

Part2へ続きます。

監査が来ます!先生、どうしましょう!Part2はこちら

運送業許可愛知のトップページはこちら

皆様からのお問い合わせはこちらから受付けてります。運送業、貸切バスの営業所新設、巡回監査対策などに関するご相談は運送業支援専門の行政書士事務所シフトアップまでお気軽にお問い合わせください。

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら