運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

一般貸切旅客自動車運送事業ってなに?

一般貸切旅客自動車運送事業とは

「一般貸切旅客自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で自動車を使用して旅客を運送する事業のうち、一個の契約により国土交通省令で定める乗車定員11人以上の自動車を貸し切って旅客を運送するバス事業のことで、「貸切バス事業」とも言われます。

 

簡単にいうと

「乗車定員11人以上のバスを貸し切って、人を輸送してお金をもら事業」

です。

 

乗合バスやタクシー以外の旅客自動車運送事業であり、一般的には観光や冠婚葬祭などに利用されています。

具体的には、旅行会社の団体旅行、会社や町内会の小旅行、スクールバス等の契約輸送などが貸切バス事業にあたります。

 

名古屋駅西口などにツアー客が集まって、名古屋駅から東京ディズニーランドなどに行くバスなどを思い浮かべていただくとイメージが湧きやすいでしょう。

最近、当事務所によくご依頼いただくのは、中国人ツアー客をセントレア空港から乗せて、各観光地をまわる貸切バス事業をおこなうため、一般貸切旅客自動車運送事業許可を取得するという方です。

まさに、時流に乗ったビジネスと言えますね。

 

一般貸切旅客自動車運送事業と道路運送法の関係

道路上で旅客の輸送をする行為は「道路運送法」により規定されています。

利用者から運賃をもらい、バスやトラックなどに乗せて運行を行うことは、道路運送法第3条の「旅客自動車運送事業」にあたり、国土交通大臣の許可が必要となります。

許可を受けた車両は、事業用自動車と呼ばれ、ナンバープレートは緑色(いわゆる緑ナンバー)となります。

 

「一般貸切旅客自動車運送事業の許可」を受けるには、道路運送法の規定に係る審査を受ける必要があります。
運送事業系許可でも特に難易度の高い一般貸切旅客自動車運送事業の許可」は、経験豊富な運送業系許可の専門事務所「行政書士事務所シフトアップ」までお気軽にご相談ください。

 

一般貸切旅客自動車運送業許可をサポートします  一般貸切旅客自動車運送業許可とは?

行政書士のための運送業許可のはじめ方
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.