運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送トラックが購入できます

  • HOME »
  • 運送トラックが購入できます

運送業を開業するときに、必ず必要なのが運送トラックです。しかし、この運送トラックが売ってもらいにくいのをご存じでしたか?

運送トラック購入 ディーラーはイチゲンさんお断り?

日野や三菱ふそうなどのトラックディーラーにあなた様が「トラックを売ってください」と顔を出してもなかなか売ってもらえません。

営業マンはまるで不審人物扱いで断り文句を並べ立て「今日は帰るように」と運送トラックが購入できない促します。 これは、私が身を持って体験しています。

上記はつい最近「〇D」に営業に行ったときの体験談です。決して売ってもらえわけではないようですが敷居が高いです。

 

誰かの紹介でもない限り無理だと思うような扱いを私はされました。もちろん、営業所や担当者によって対応は変わると思います。

しかし、トラック購入に十分な現金・預貯金を持っていても、カローラやクラウンを買うように「はい、そうですか」と簡単に売って持ってもらえないのは事実です。

 

運送トラックがすぐ売ってもらえない理由

その理由は、残念ながら信用がないからです。ご存じのとおり、トラックは非常に高価です。4tウィングで800万ほど、増トン車で1500万ほど、大型バスに至っては3000万円です。

購入する場合、リースやローンの方が大多数です。リースやローンで売る以上はディーラーも回収したいと思っています(実際には、リース会社や信販会社が回収しますが)。

ですから、我が社がトラックを買う時は、我が社の財政状況が各ディーラーはとても気になります。

気になるから、まず「信用照会」をします。信用照会をするには、会社の登記簿謄本や決算書をディーラーに提出します。

 

提出後、回答が出るまで概ね2週間ほどかかります(三菱ふそうは1週間ほどです)。回答が「この会社なら売っても問題ないですよ」と出ればそこからやっと商談が始まります。

初めてディーラーに行って、そこにすぐ乗れる新車のトラックが置いてあり「このトラックが欲しい」と言っても売ってもらえないのが現実です。

厳しいですが本当の話です。 トラックを買う資金もあり、書類を揃えて運送業許可申請もしたのに、トラックが購入できないのでは困ってしまいますね・・・。

 

トラック主要ディーラーと提携しております

当事務所は「日野、三菱ふそう、いすゞ」と業務提携をしております。

これは、行政書士のわたくしが専属保険代理店時代であった三井住友海上火災保険様のご協力により実現したお客様貢献でございます。

 

もし、ご依頼者様が新規で運送トラックを購入するのであれば、当事務所を通していただくことで購入までの流れがスムーズになります。

信用照会は必ず必要になりますが、ご依頼者様が法人であれば、基本的には法人登記簿謄本や決算書を提出することなく照会をかけられます。

従って、ご自身でディーラーに行き、運送トラック購入をするより時間の短縮が可能です。 そして、新車・中古車を問わず購入できます。運送トラック購入時は是非「行政書士事務所シフトアップ」にお気軽にご相談ください!

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.