運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送会社設立時の資本金と事業開始資金はどう違うの?

  • HOME »
  • 運送会社設立時の資本金と事業開始資金はどう違うの?

運送会社を設立したいお客様からのご相談事例

先日、運送会社を設立する際の資本金と運送事業開始に必要な資金は、同じでなければといけないのかというご相談を受けました。

結論は、運送会社設立時の資本金額と、運送業許可申請時に必要な事業開始資金は同じである必要はありません。

EX.以下のような状況でも運送業許可取得は可能です。
運送会社設立時の資本金:300万円
運送業許可取得に必要な事業開始資金:1,000万円

当ホームページ内でも掲載しておりますが、統計上、運送事業開始に必要な資金の額は、おおよそ6,00万円~1,200万円です。大金を用意する必用があるので、運送業許可を取得する方にとっては事業資金を確保するタイミングも重要な問題となります。calculator

まずは、法人設立し、日本政策金融公庫などから融資を受け、運送事業開始に必要な資金を確保するというケースもみられます。このため、いつ残高証明書を提出するのかは申請者様にとって、とても大きな問題となります。

 

もちろん、1,000万円近くの事業開始資金が確保できている状態で、運送業許可取得を検討し始めるのが理想です。しかしながら、当事務所にご依頼頂き運送業許可を取得する多くの方がそうであるように、色々な方法で事業開始資金を工面して許可取得する場合が殆どです。

法人設立後でなければ、運送業開始に必要な資金が確保できないという方は、運送会社設立時の資本金と事業開始に必要な資金の額は同じである必要はないのでご安心ください。

事例集にもどる方はコチラ

unso_tel2

mail_unso2
home

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.