運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運転代行業開業までの流れが把握できるページ

運転代行業の認定申請から取得までの流れのご説明です。まずは、下記の図で大枠つかんでください。

運転代行業認定申請から開業までのながれ

要件の確認
運転代行業を開業しようとする申請者様が、各種要件を満たしていることを確認します。
申請書類の準備
要件を満たしていることが確認できたら、申請書を作成し、添付する証明書類を法務局などで取得します。
安全運転管理者の認定
要件を満たしていることが確認できたら、安全運転管理者認定の申請書を作成し、運転代行を行う営業所を管轄する警察に提出します。
随伴用自動車の購入
運転代行業に使用する随伴用自動車を購入します
申請書類の提出
メインとなる営業所を管轄する警察署の交通課に申請します。
書類審査
警察署長を経由して公安委員会の審査を受けます。
補正対応
申請書に不備がある場合や補足提出物が必要な場合などは、補正の通知が来るので対応をします。
認定
公安委員会から認定の通知がきます。
認定書交付
申請書を提出した警察署の交通課で認定書の交付を受けます。
随伴用自動車の整備
随伴用自動車に車体表示や行灯、メーターを取り付けます。
開業!
晴れて運転代行業開業となります

 

まとめ

運転代行業を開業するには、申請書を提出するまでに、随伴用自動車を購入するなど、多くのやるべきことがあります。

特に自動車の選定や自動車保険加入には頭を悩ますところかと思います。どんな車両を使用すればいいのか、どの保険会社を選択して、どんな補償内容にするべきか・・・。

行政書士事務所シフトアップでは、トヨタ、ホンダ、三菱の主要自動車メーカーと提携しておりますので、新車・中古車を問わず購入のお手伝いが可能です。

 

運転代行業を開業する前に、自動車系許可専門の「行政書士事務所シフトアップ」にお気軽にご相談ください。

 

運転代行業で開業はお任せください

安全運転管理者になるための3つの条件▶

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

運転代行業トップ

行政書士のための運送業許可のはじめ方
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.