運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

トラックドライバーが5人いない場合の好事例

  • HOME »
  • トラックドライバーが5人いない場合の好事例

ドライバーが4人しかいませんがなんとかなりますか?

という内容のお電話を頂きました。詳しくお聴きすると

  • 運送業許可取得と同時に法人成りを考えている
  • 一緒に事業開始するはずだったドライバーが病気になりトラックに乗れなくなってしまった
  • 現在、ドライバー4人はそろっている

ドライバーさんが足りないというのは、そくあるご相談です。派遣社員を雇用する提案をしましたが、荷主からの仕事内容からして4人でも仕事が回るとのことです。

 事務員さんはドライバーを兼任できるか?

さらに、お話を伺うと

  • 事務員として申請者様の奥様を雇用する予定
  • バン車などで、配達する程度の貨物が出ることはある

との事でしたので、事務員である奥様をドライバーとして申請するご提案をしました。

事務員がドライバーを兼任していけないという規定はありません。

常時雇用であれば問題がないのです。

トラック4台プラスバン車1台。バン車は荷物が出た時に奥様が運送のために使用する。このような事業計画で運送業許可申請をし、許可取得となりました。

 まとめ

今回は、ドライバーが足りない場合でも、あきらめる必要はないという好事例です。運転手全員が専業ドライバーである必要はありません。こういった事は、運送業許可手引きを見ても記載されていませんので、一般的には知られていないことですね。

これはバン車で運ぶ荷物が実際にある場合の対応事例であることをご理解ください。

unso_tel2
mail_unso2
home

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.