運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

Gマーク取得方法をざっくり解説

  • HOME »
  • Gマーク取得方法をざっくり解説

 

最近はGマークステッカーをトラックの箱に貼った貨物自動車をよくみかけますね。当事務所のお客様もGマークを取得したいという方が増えています。

 

このページでは、トラック運送会社様なら必ず耳にするGマークの取得方法をざっくり解説しております。これからGマークを取りたいという運送会社様はご参考にしてください。

 

そもそもGマーク(安全性優良事業所)ってなに?

Gマークは「安全性優良事業所」と認められた運送会社が使用できるアルファベットのGを使ったシンボルマークのことです。

 

安全性優良事業所とは簡単にいうと「守るべき法律を守り、事故削減のための安全性向上の取り組みをしているトラック運送会社」のことです。

 

安全性優良事業所となるためには、全国トラック協会の出先機関である適正化事業実施機関(巡回指導を行っているところ)の審査を受けて認定を受ける必要があります(適正化事業実施機関は正確には「全国貨物自動車適正化事業実施機関」と言います)。

 

認定を受けることをGマーク認定と言い、Gマーク認定を受けるために書類を作成して申請することをGマーク申請と言います。今ではGマーク申請やGマーク認定のことを運送会社様のあいだでは単に「Gマーク」と言うようになりました。

 

 

Gマーク認定をもらうための4つの条件

Gマーク認定をもらうための条件は大きく分けて4つあり、すべて点数で評価されます。合格点は100点満点中80点以上です。

 

気になる4つの条件は下記のとおりです。

【4つのGマーク取得の条件】

認定条件の内容
評価項目の採点を受け、80点以上であること。
グループ分けされた評価項目において下記の基準をクリアできていること。
ア)安全性に対する法令の遵守状況の項目評価が40点満点中32点以上。
イ)事故や違反状況の項目評価が40点満点中21点以上。
ウ)安全性に対する取り組みの積極性の項目評価が20点満点中21点以上。
法に基づく認可申請、届出、報告事項が適正に行われていること。
社会保険・労働保険への加入が適正に行われていること。

これら4つの条件をクリアしないとGマーク認定をもらうことはできません。

 

 

Gマーク申請できない会社があるってほんと?

残念ながらどの運送会社でもGマーク申請ができるわけではありません。申請をするには下記7つの申請資格をすべてクリアする必用があります。

 

【7つのGマーク申請資格】

申請資格の内容
新規で運送業許可を取得し、運輸開始後3年以上たっていること。
営業所新設の場合は、認可を取得してから3年以上たっていること。
Gマーク申請の時点でトラックの台数が5台以上あること。
Gマークの不正申請により申請の却下または評価の取り消しを受けてから2年以上たっていること。
Gマークの不正申請により認定の取り消しを受けてから2年以上経過していること。
Gマーク認定証やGマークステッカーの偽造などで是正勧告を受け、偽造などしたGマーク認定証等を提出した日から3年以上たっていること。
行政処分を受けることがなくなってから3年以上たっていること。
①、②,③,⑦に関しては決められたことなので仕方ないと感じますが、④~⑥については、そもそもダメですよね。裏を返せば、ズルをしてまでGマークが欲しいという事業者もいるということです。有効期限の切れたGマークステッカーを貼っているトラックを街でみかけるのはそのあらわれかもしれません。

 

 まとめ

他社との差別化をはかりにくいトラック運送事業者様にとっては、Gマーク認定を受けることは差別化につながります。

平成28年の統計では、Gマーク認定事業者は全トラック運送事業所数84,173のうち23,414事業所で、全体の27.8%です。

 

まだGマーク認定事業所の少ない今ならGマークを取る価値は十分にあると言えるでしょう。

Gマーク申請に関するご相談は名古屋市は名駅の運送業支援専門「行政書士事務所シフトアップ」までお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら
運送業許可の基礎知識はこちら

 

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら


名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.