運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送業の営業所はワンルームマンションでも大丈夫?

  • HOME »
  • 運送業の営業所はワンルームマンションでも大丈夫?

運送業の営業所はどれくらいの狭さまで許容範囲か

「運送業許可を取得したいのですが、営業所と駐車場も探してもらえますか?」

といった内容のご依頼を受けました。

駐車場は程なくみつかりましたが、開業資金をなるべく抑えたいとのことでしたので、駐車場付近のマンション等を事務所使用するご提案をし、さっそく物件探しにあたりました。

 

運よく駐車場から100mほどの場所に事務所使用ができるアパートが見つかります。しかし、そこはワンルームマンション。広さは6畳。平米数で言えば約10㎡。

 

かなり狭いです。

規定上、営業所には事務所と休憩室を設ける必要があります。規定では休憩室の広さは10㎡。ただし、やむを得ない場合はこの限りでないとされています。

 

止むを得ない事態

まさに、これはやむを得ない事態です。こういった場合は、事務所と休憩室を明確にするためパーティションで区切る必要があります。

 

さらに、パソコンや机・椅子などを置いて、事務所としての機能を整えられることも要件となります。しかし、賃貸借契約を結ぶ前ですので、机もパソコンも置けません。

 

今回は運輸支局に事前相談に行った方が良い案件ですので、仲介業者さんに言って、部屋の写真を撮らせていただき、その他の添付書類を持って運輸支局に足を運びました。

 

結果は事務所使用OKでしたので、ご依頼者様はワンルームマンションを営業所として申請し許可取得となりました。

まとめ

今回は、営業所の広さの例外規定に上手くマッチした事例でした。しかし、必ずワンルームマンションで営業所の申請ができるわけではありません。

事前相談が鉄則となりますので注意が必要です。

unso_tel2

mail_unso2
home

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.