運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

運送業 譲渡譲受 事務所と駐車場の要件

運送業許可の譲渡譲受の場合も、新規で運送業許可と取るときと同じように、事務所や駐車場についての基準が定められています。とても大切な基準なのでぜひ押さえておいてください。

それでは、以下で詳しくご説明して参ります。

営業権譲渡 事務所の要件を確認しよう

法律や運輸局が決めた一定の基準を満たす必用があります。

  1. 賃貸の場合は1年以上の契約であること
  2. 都計画法で定める「市街化調整区域」と呼ばれる場所でないこと
  3. 都市計画法で定める用途地域が「第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域」「第1種中高層住居専用地域・第2種中高層住居専用地域※」と呼ばれる場所でないこと
  4. 建築基準法、農地法、消防法などに法律に適合した建物であること
  5. 机、椅子、電話などが置ける広さがあること。
  6. プレハブを使用する場合は、基本的に建築確認申請を取っていること。

※第2種中高層住居専用地域は、2階以下の建物なら事務所使用できます。

補足市街化調整区域とは、景観や自然を壊さないために、建物を建てることが制限されている場所のことです。

用途地域とは、どんな建物が建てられるかを決める区分のことです。

営業権譲渡 休憩施設・仮眠施設の要件を確認しよう

休憩・仮眠施設についても以下の要件を満たす必用があります

  1. 事務所または駐車場に併設されていること
  2. 賃貸の場合、1年以上の契約になっていること
  3. 都市計画法、建築基準法、農地法等に触れる建物でないこと
  4. ドライバーがいつでも利用できる施設で、睡眠を与える必要がある場合は「一人2.5㎡以上の広さ」があること

補足睡眠や仮眠をとる場所については、大きさの決まりがあるので注意しましょう。

営業権譲渡 駐車場の要件

駐車場の要件については細かな基準が定められております。賃貸する場合には契約を交わす前に十分調査する必要がありますのでご注意ください。

  1. 賃貸の場合、1年以上の賃貸契約をしていること
  2. 都市計画法上の市街化調整区域と呼ばれる場所でないこと。但し、例外もありますので既に候補地がある方はお気軽にご相談ください
  3. 営業所から直線距離で10㎞以内にあること
  4. 駐車場出入口の幅が一番幅の大きいトラックの2倍以上あること
  5. 前面道路が小学校などの通学路でないなど、交通安全上支障がないこと
  6. 5m以内に交差点、曲り角、急な坂道がないこと
  7. 10m以内にバス停、横断歩道、陸橋、踏切がないこと
  8. 200m以内に幼稚園、保育園、学校や公園などがないこと
  9. トラック等を停めた時に、車両と車両の間隔が50㎝以上確保できること
  10. トラック等を停めた時に、車庫と車両の間に50㎝以上の隙間ができること
  11. トラックが車庫に前から入り、車庫内で転回して前から出庫できること
  12. 必要な場合は車両の旋回軌跡図があること
  13. 他の営業所と共同で使用する車両は、本拠地となる営業所で車庫が確保されていること
  14. 駐車場の出入口が基本的に6m以上8m以内であること

など

補足簡単にご説明すると、

「駐車場はトラックが出入りするに当たって交通安全が確保できる場所でなければいけない」

と言うことです。

車両と駐車場の大きさの目安

7.5tを超えるもの 1台につき38㎡以上
2.0tロング越え~7.5tまで 1台につき28㎡以上
2.0tロング 1台につき20㎡以上
2.0tまで 1台につき15㎡以上

※車両は必ず5台を一つの駐車場に停める必要はありません。例えば駐車場Aに3台、駐車場Bに2台という形でも構いません。

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら
運送業許可の基礎知識はこちら

unso_tel2
mail_unso2

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.