運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

回送運行許可とは

  • HOME »
  • 回送運行許可とは

回送運行許可の要件が変わりました!

回送運行許可取得は名古屋市の専門事務所へ

回送運行許可(ディーラーナンバー)取得をご検討中の愛知県内の個人・法人事業主様。運送業許可愛知は愛知県名古屋市の「行政書士事務所シフトアップ」が運営するサイトでございます。

自動車系きょかの専門事務所が、お客様の貴重なお時間を確保し、事業拡大して頂くために存在しております。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

それでは、回送運行許可(ディーラーナンバー)についてご説明させて頂きます。

 

回送運行許可ってなに?

回送運行とは、

  1. 車検切れ
  2. 抹消済み
  3. 一度も登録を受けていない

車両を公道で走らせる時に、特例として臨時に付けるナンバーで「赤枠ナンバー」や「ディーラーナンバー」と呼ばれるものです。 中古自動車販売業者様や整備業者様などにはおなじみですね。

この回送運行許可「ディーラーナンバー」を取得するには営業所を管轄する運輸局(陸自)に回送運行許可の申請をします。

 

回送運行許可取得にはメリットがたくさん

例えば、車検切れの自動車にナンバーを付けるため、整備工場などから陸自まで持っていくには

  1. 仮ナンバーを付けて自走する
  2. ローダーに乗せて陸送する
  3. 回送ナンバー(ディーラーナンバー)を付けて自走する

などの方法があります。

1.の「仮ナンバー」を付けて自走する場合、市町村へその都度借り受けに行く必要があります。

2.の場合、「ローダー」を自社で購入するか、「陸送業者」にその都度陸送を頼む必要があります。ローダー購入のコストや陸送業者へ依頼するコストがかかります。

3.の場合は、回送運行の許可が必用になるわけですが、回送ナンバーが一組あれば、それを複数の車両に使いまわすことができるので都度、役所に行く手間が省けます。そして、陸送を依頼するコストやローダーを自社で購入するコストも削減できます。

回送運行(ディーラーナンバー)許可を取得すれば、時間、労力、経費が削減でき、まさに良い事づくめですね。ただし、帳票を付けるなどして、しっかり回送ナンバーの管理をする必要がありますのでご注意ください。

 

回送運行許可の種類は3つ

回送運行は申請上、以下の3種類に分類されます。

  1. 制作・・・メーカー等が自動車を造り、その後の運搬を言います
  2. 販売・・・中古自動車販売業者等が販売のために運搬する場合を言います
  3. 陸送・・・他社から依頼を受けて、運搬する場合を言います

当事務所で一番ご依頼の多いものは2.の「販売」になります。

回送運行許可(ディーラーナンバー)取得をご検討中の方は、どの種類になるかよくご確認ください。
どの種類に入るのかわからないという方は、遠慮なく「かわい行政書士事務所」までご相談くださいませ。

回送運行許可取得 当事務所の手数料はこちら

サービス名報酬(消費税別途)登録免許税等費用合計(消費税別途)
回送運行許可
書類作成と提出代行
60,000円-60,000円

要件改正の詳細はこちら

ディーラーナンバー取得の要件

 

スマホなど携帯からのお問い合わせは 080-3687-6848 までお気軽におかけください。皆様の大切なお問い合わせをお待ちしております。

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

unso_tel2
mail_unso2

行政書士のための運送業許可のはじめ方
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.