運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

軽貨物自動車運送事業とは

  • HOME »
  • 軽貨物自動車運送事業とは

 

軽貨物運送業について

軽貨物運送業とは、軽自動車を使用して荷物の運送を行う運送事業のことで、正しくは「貨物軽自動車運送事業」と言います。

一人から開業できるのが大きな魅力です。また、軽貨物運送業は一般貨物自動車運送事業許可や利用運送業許可の取得に比べて簡単なのが特徴です。

 

軽貨物運送業を開業するには、まず車両を購入する必要があります。車両を選ぶ時に、重要なのが、新車、中古車どちらを選ぶかです。

開業時にかかる資金や開業後の運転資金のことを考えて中古車を選択するご依頼者様が多くいらっしゃいます。

 

中古車は新車に比べ壊れやすいというデメリットもありますが、軽貨物運送業で開業後、短期間で廃業する方が多いのも事実です。

ご自分に合った仕事かどうか、続けられる業務かどうかを見定めるまでは中古車で開業して様子を見られることを当事務所ではオススメしております。

 

 

軽貨物運送業開業の届出は事務所所在地管轄の運輸支局に提出します。申請には一定の基準を満たす必要があります。

【貨物軽自動車運送事業許可の主な要件】

  • 適切な営業所・駐車場(車庫)、休憩施設等が確保できているか
  • 運行管理体制が整備されているか
  • 申請者や役員が届出のできない事由に該当していないか

など

詳細は以下でご説明しておりますのでご覧ください。


Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.