運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

軽貨物運送業の要件 

軽貨物運送業開業の届出

軽自動車を使って行う運送事業は、運送業許可と違い要件を満たせば事務所所在地管轄の運輸局へ届出をするだけで開業できます。運送業のように細かな基準もなく車1台で手軽に始められます。

事務所・駐車場・車両の要件

下記にてそれぞれの詳細をご案内いたします。

事務所の要件

事務所は一定の要件を満たす必要があります。

  1. 運転者の管理ができる場所であれば自宅でも賃貸でも構いません
  2. 都市計画法上の市街化調整区域でないこと
  3. 農地法、消防法、建築基準法などの法令に適合する建物であること
  4. 大きさの要件は特にありません

駐車場の要件

駐車場は一定の基準が設けられています

  1. 賃貸でも構いません。
  2. 営業所から2㎞以内にあること
  3. 全ての車両が収容できる広さがあること(1車両10㎡が目安です)
  4. 都市計画法上の「市街化調整区域」でないこと。
  5. 農地法、消防法、建築基準法などの法令に適合していること

休憩室の要件

  1. 休憩室は自宅に設けても賃貸でも構いません。
  2. 事務所に隣接していること
  3. 都市計画法上の「市街化調整区域」でないこと
  4. 農地法、消防法、建築基準法などの法令に適合していること
  5. 大きさの要件などはありません

 車両の要件

車両の台数に規定はなく1台からでも届出可能です。

  1. 車検証の使用覧が「貨物」となっていること
  2. 軽自動車、二輪の場合は125cc以上のもので、車検証上の用途欄が「貨物」となっていること

※実際には、書類審査のみになりますので、管轄運輸局もそれほど厳しくチェックはしないようです。事務所、駐車場、休憩室の要件は規定されていますが、車両と車庫の基準以外はさほど気にする必要はありません。気になる点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

私が勤めていた運送会社にも、軽貨物部隊がありました。大手上場企業の下請けとして車両15台ほどで主に個配業務を地場で行っておりました。

距離は相当走っていましたが、利益率は悪くありませんでした。軽貨物運送でこんなに月間の運賃を稼ぐのかと驚いた時も何度かありましたので、検討中の方は一度トライしてみるのもよろしいかと思います。

※あくまで主観での意見ですのでご参考までに。利益が出ることを約束するものではありませんのでご了承ください。

 

軽貨物運送業の届出は全国対応しております。愛知県、岐阜県以外の方でもお気軽にご連絡ください。



Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.