運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送業許可に必要な駐車場と車両制限令のお話

  • HOME »
  • 運送業許可に必要な駐車場と車両制限令のお話

運送業の駐車場選びは速まらないで

岐阜県の運輸支局に、運送業許可申請に行った時のこと。担当官と世間話をしていた時の話題です。

つい先日、駐車場の場所を変更したいと相談にやって来た運送事業者様がいたそうです。まずは、要件の確認となるわけですが、話を聞くと、とても気に入った駐車場があり、「もうアスファルトを敷いた」とのこと。

慌てて、前面道路の幅を確認してもらったところ、道路幅が6mだったため車両制限令※が取れ、ほっとしたそうです。

 

こんな事例はよくある事で、事前相談なしに農地を造成してしまう事業者様もいるそうです。

もし、駐車場使用できない場所だったら・・・

恐ろしい話ですね。

車両制限令とは

車両制限令」は通称、幅員証明と言われています。

運送業に使用する駐車場は、出入口前面道路の幅が使用する最も幅の広いトラックの2倍以上ないと許可がおりません。その確認のため、前面道路を管轄する自治体に車両制限令という許可を取得して道路幅が十分である証明をします。

ただし、車両制限令は道路の幅員以外にもチェックされるモノがあります。それは、駐車場の出入口の場所です。名古屋市以外で車両制限令を取る場合、自治体の担当官が、実際に駐車場所在地まで行って道路幅を計り、出入口の場所も確認します。

※名古屋市はデータ上の数値のみで道路幅員を満たしているか判断します

「道路幅さえ満たせば良い」と思っていらっしゃるお客様もいますが、そうではありません。出入口が交通安全上支障のある位置にあると判断されると許可がおりませんので注意が必要です。

まとめ

運送業許可を取る際には、必ず許可取得の要件を満たす駐車場の確保が必要です。お気に入りの場所が見つかったら、その場所で申請したい気持ちはよく理解できます。しかし、そういう場所に限って要件を満たせない物件が多いものです。

駐車場の選定はとても慎重に行う必要があるので、必ずプロの運送業専門行政書士に事前相談してください。

unso_tel2

mail_unso2
home

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.