運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

自家用自動車有償貸渡業の歴史を掘り下げよう

レンタカーの語源

レンタカーの語源は「Rent  A  Car」と言われております。

正しい英語表現は「Car  Rental」や「Rental  Car」ですが、近年では和声英語としてアメリカなどの英語圏でも「Rent  A  Car」が浸透しています。

 

 

日本の自家用自動車有償貸渡業の始まり

日本では、1949年に貸自動車行業(ドライブクラブ)が自家用自動車有償貸渡業(レンタカー)の始まりとなります。

交通事故などトラブルの多さから、一旦市場から消えますが、1964年のホンダレンタカーの参入がきっかけで、トヨタレンタカーなどが参入。

 

現在では、大手レンタカー会社のみでなく、中小の自家用自動車有償貸渡業者(レンタカー業者)が存在します。

各事業者により、同じ車種・時間でも料金やサービス等に差があるため、近年では差別化を図るべくカーシェアリングなどの新たな形態も生まれています。

 

 

まとめ

自動車を所有する若者が減少するなかで、レンタカー業はますます需要の高まる業界であると言えます。

実際に、私の友人の娘さんの彼氏は、自家用車を持たないため、デートの度にレンタカーを借りてくるそうです。

 

時代は変わりましたね。当事務所の代表行政書士である川合が、20代の頃は、自分の車を持っていないと、女性には相手にされませんでした・・・。

 

自分の車を持たない若者の気持ちはわかりませんが、時代の流れは確実にマイカーを持たない文化に向かっています。

自家用自動車有償貸渡業は、今、ビジネスチャンスまっただ中と言えるのではないでしょうか。

行政書士法人シフトアップは、自動車系の許認可専門事務所として、自家用自動車有償貸渡業許可の実績も豊富でございます。

 

許可取得をご検討中の個人・法人のお客様は、是非お気軽にご相談ください。只今、全国対応しております!

 

レンタカー登録で車検証有効期間が変わる?

自家用自動車有償貸渡業の説明詳細版

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら
スマホなど携帯からのお問い合わせは 080-3687-6848 までお気軽におかけください。皆様の大切なお問い合わせをお待ちしております。

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

 

レンタカー許可トップページはこちら

行政書士のための運送業許可のはじめ方
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.