運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

レンタカー業許可申請ってなに?

レンタカー業許可申請とは何か

レンタカー業許可」は、自家用自動車を他人に貸して、その利用料をもらう事業のことで、この事業者になるために、レンタカー事業許可申請を行います。

レンタカー業許可申請は、国土交通大臣の許可を得る必要があります。

そして、大臣の許可を得るために、

  • 個人の場合は、その事業場
  • 法人の場合は、法人の本店所在地

を管轄する運輸支局長あてに申請書類を提出して審査を受けます(道路運送法第80条)。

 

 

レンタカー業許可申請には、申請書類や貸渡約款などの作成が必用となります。

※貸渡約款は、レンタカー事業を行ううえでの細かな決まり事を法的な根拠をもとに記載したものです。

 

ご自身で許可申請を行う場合、インターネットで申請書の書き方を調べたり、事業所管轄の運輸支局(名古屋市は中部運輸支局)まで足を運ぶなどの時間が必要です。

既に、中古自動車販売業や自動車整備業など、事業を営んでいらっしゃる場合は、事業を休んで平日の昼間に申請に行き、書類に不備があれば何度も訂正するなど、直接の売上を生まない時間を費やすことになります。

 

レンタカー業許可申請は、自動車系許認可専門事務所として実績豊富な「行政書士事務所シフトアップ」にご依頼いたけば、手間なく素早く許可取得が可能です。

 

レンタカー事業許可取得の流れ

 

 

 

 

 

 

 

自家用自動車有償貸渡事業 

レンタカー事業で開業のメリットとデメリット

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら
運送業許可の基礎知識はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

unso_tel2

rentacar_mail2


レンタカー許可トップページはこちら

行政書士のための運送業許可のはじめ方
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.