運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送業許可|整備管理者と整備管理補助者

このページでは、まず整備管理者についてご説明いたします。運送業許可では、運行管理者と並んで「整備管理者の選任」が必ず必要となります。ではなぜ「整備管理者の選任」が必用になるのでしょうか?

 

整備管理者の選任が必用な理由とは?

seikanトラックやバスなど、一般の自動車と違う構造を持つ車両が事故を起こすと大きな損害が発生する可能性があります。

このため、特殊な車両を使用して事業を行うときは、特殊車両の専門知識を持った者が車両の整備・管理を行う必要があります。

また、一つの運送事業者が事業に使用する車両が多くなれば、点検・整備の管理・責任体制が曖昧になりかねません。

 

そういった事態を防ぐために整備管理者が車両管理を行うことで管理・責任体制が確立され、自動車の安全運行や環境保全を図ることが可能となるため運送事業者には整備管理者を選任する義務が課せられています。 

 

整備管理者の選任についての定め

運送業許可申請でおいて「整備管理者」について次のように定められていますのでご確認ください。

  1. 営業所ごとに、その営業所に常勤する整備管理者が必ず1人以上いること
  2. 整備管理者はドライバーでも構いません。しかし、ドライバーでないことが望ましいです(外部委託はできません)
  3. 3級以上の自動車整備士技能検定を修了していること
  4. 3.以外の者の場合、トラックの点検、整備、整備管理の経験が2年以上あること
  5. 4.に該当する者が整備管理者専任前研修を、運送業許可申請から許可がおりるまでの間に修了していること
  6. 整備管理者補助者が必ず1人以上いること(整備管理補助者はドライバーでも構いません)
  7. 整備管理者と運行管理者は同一人物でも構いません

 

自動車整備士技能検定について

自動車整備士技能検定を受けるには、中学校卒業以上で、1年以上の自動車整備の実務経験が必用となります。

誰でも、検定を受けられるわけではないところに注意してください。

 

整備管理者となるための条件

整備管理者となるための条件は以下のとおりです。

  1. トラック等の点検または整備・管理の実務経験がある者が整備管理者選任前研修を修了していること。
  2. 自動車整備士技能検定のうち1級自動車整備士・2級自動車整備士・3級自動車整備士のいずれかを取得していること

 

注意事項

自動車車体整備士、自動車タイヤ整備士、自動車電気装置整備士等は整備管理者となる条件を満たす資格には含まれません。

整備管理者 資格と兼任の可否一覧

整備管理者の資格の有無と兼任性についてまとめております。
資格の有無と兼任性有無または可否備考
資格の有無どちらでも良い資格がない場合は運送業許可所得までに専任前研修を修了すれば良い
運行管理者との兼任できる
ドライバーとの兼任できる
他営業所の整備管理者との兼任できない
補助者の選任必用

 

整備管理補助者について

整備管理補助者は、整備管理者に代わってトラックの点検・整備などを行います。運送業許可を取得する場合、かならず申請時または許可取得までに整備管理補助者の選任が義務付けられています。

 

整備管理者補助者の要件

整備管理補助者となるための常勤の社員や派遣社員であること以外に要件はありません。資格や実務経験む不要ですし、ドライバーでも問題ありません。

ですので、整備管理者補助者となる人がいないという状態になることはないでしょう。

 

まとめ

運行管理者と同じく整備管理者は、お客様の事情に合わせ最適な選び方が必用となります。

資格や整備管理の経験を持った者がいないので「整備管理者になれる人がいない」。

そういった場合でもあきらめずに運送業専門の「行政書士事務所シフトアップ」にご相談ください。豊富な経験に基づき的確なアドバイスをさせて頂きます。

運行管理補助者について

車両の条件の確認をしよう

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

unso_tel2

mail_unso2

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.