運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

運送業開業費用の事例を大公開!必見です

運送業開業費用のケース別まとめ

運送業許可申請時に算出する運送業開業に必要な資金の目安は

600万円~1,600万円

ほどです。これは、弊所に運送業許可申請をご依頼頂いた方から算出した統計に基づいておりますので真実味のある数字なのは間違いありません。

 

600万円~1,600万円と幅が大きいのは、開業時に必要なトラックが4t車5台なのか、大型車5台なのか、全て新車か、全て中古車なのかなどの違いです。

 

一部が中古車であったり、ハイエースなどの小型車が入るケースもありますが、その場合は減算してお考え頂ければと思います。

 

 

必見!トラック購入のケース別運送業開業費用

ケース目安金額
車両購入費がかからない場合600万円~800万円程度
4t車5台がすべて中古車の場合800~1,000万円程度
4t車5台すべてが新車の場合1,200万円程度
大型車5台すべてが中古車の場合1,000万円~1,300万円程度
大型車5台すべてが新車の場合1,600万円程度
※購入費はリースまたはローンで購入することを前提としています。
※中古車購入の場合は年式や走行距離によって金額が変わります。また、事務所・休憩室および駐車場(車庫)の賃料により金額が変わります。

 

 

開業資金の中には、車両のローン・リース月額6ヶ月分のほか、

  • 2ヶ月分の役員報酬
  • 2ヵ月分の従業員給与
  • 1年分の自動車税などの税金
  • 整備点検にかかる費用
  • 6ヶ月分の事務所・駐車場代

などの経費を含んでおります。

 

実際の事業運営で従業員の給与は2ヶ月分の確保だけで済むかどうかは、運営後、荷主からどれだけの仕事が確保できるかにより変動します。

 

従って、事務所が賃貸なのか、自己所有なのか、駐車場の大きさがどれくらいなのかで金額の前後があることをご了承ください。

 

 

まとめ

運送業開業にあたって、まず確保すべきは開業費用です。希望に沿った事務所・駐車場が見つかっても、十分な開業費用がないことには運送業許可申請ができません。

 

「それはわかっているが、資金の調達が難しい。」

そのような方も一度、運送業許可取得の専門事務所「行政書士法人シフトアップ」にご相談ください。運送業開業費用を捻出するためのノウハウをお伝えいたします。

 

運送業の開業費用はいくら必用?

市街化調整区域で運送業開業物語

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士法人シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士法人シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.