運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送業許可|車両(トラック)の条件を確認しよう

運送業許可の条件 車両(トラック)についての確認

運送業許可申請では、運送事業に使用する車両(トラック)についても以下のような条件が定められております。

  1. 営業所ごとに事業に使用する車両が5台以上必要です
  2. 車両は全てが2t車、4t車、大型車等である必要はありません。車検証の「用途欄」に「貨物」と記載されている1ナンバー、4ナンバーの小型車や8ナンバーの特殊車両を含めて5台であれば問題ありません
  3. 海上コンテナの場合、トラクタとトレーラーをあわせて1台として計算します
  4. 車検証上の所有者が事業主の場合は事業主名義、法人の場合は法人名義であること
  5. 車検証上の所有者が事業主や法人名義でない場合はリース契約書などが必用です
  6. 許可申請時に購入予定の場合は売買契約書等が必用です
  7. リース契約の場合は契約期間が1年以上の契約書が必用になります
  8. 車検証上の所有者がリース会社等でリースが既に終了している場合はリース会社等の発行した「完済証明書」の取り付けが必用になります
  9. 車両の大きさや構造が輸送する貨物に対し適切な大きさであること※

※小型車を車両5台の中に含む場合、申請時に運輸局に小型車で輸送する貨物がどんな物か説明できるようにしておきましょう。

 

車両の要件でよくある質問と事例

運送業許可の車両の要件でご依頼者様によく質問を受けるのが、「運送業許可を取得するのに、揃える車両は全て4t車や大型車などのトラックでないといけないか」というものです。

 

結論から申しますと、許可申請時に全て4トン車、大型車などのトラックを揃える必要はありません。

ですので、1ナンバー、4ナンバーなどの小型車や特殊車両で車検証の用途欄が「貨物」となっている車両が5台の中に含まれても構いません。

なぜなら、運送業に使用する車両は軽自動車や2輪車以外のトラックであり、貨物車=トラックだからです。

ですので、ハイエースなどの車両5台で運送業の許可を取ることも可能です。

運送業許可専門の「行政書士事務所シフトアップ」は主要トラックディーラーと提携しております。弊所をご利用いただけば新車・中古車問わずトラック購入を行うことができますのでお気軽にご相談ください。
整備管理者と整備管理補助者の条件

運送業の開業資金はいくら必要?

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

unso_tel2

mail_unso2

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.