運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

貨物利用運送とは何かを5分で理解できるページ

  • HOME »
  • 貨物利用運送とは何かを5分で理解できるページ

貨物利用運送とは何?水屋とは何?

貨物利用運送とはいったいなんでしょうか?貨物利用運送とは?

「運送業と貨物利用運送業って何が違うの?」というご質問を建設業者様や産廃業者様、税理士さんや社労士さんから受けることがよくあります。

同じ「運送業」の文字が付きますが、事業形態はまったく違うと言ってよいほど異なります。

以下で「貨物利用運送とは何か」についてのご説明をしておりますので、是非ご覧ください。

※当事務所では、ご依頼の多い「第一種貨物利用運送」のみ扱っております。ご了承くださいませ。

このページを読むのにかかる時間:5分

貨物利用運送とはトラックを持たない運送業

利用運送業貨物利用運送とは、「自らはトラックを持たず、荷主からの依頼を受け、運送業許可を取得し、貨物トラックを持つ実運送事業者に貨物の輸送を依頼する事業」のことを言います。

「貨物利用運送業」が正式名称です。トラック等を持たずに運送の取次を行い、運賃をもらう事業のことで、物流業界では「水屋」と呼ばれており、極端に言えば電話一つあれば事業が開始できます。

対して、運送業許可を取得して「自らトラックを持ち、荷主の依頼を受け、運賃をもらって貨物の輸送を行う事業のことを一般的に「運送業」と言います。

運送業は「貨物自動車運送事業法」が根拠法であり、貨物利用運送業は「貨物利用運送事業法」が根拠法となります。

従って、遵守事項や許可の要件、罰則などは異なることになります。

貨物利用運送とは配車係と同じ役割

貨物利用運送は、貨物の情報が集まる情報拠点となる、ハブの役目を果たします。

物流会社から貨物の情報を集め、その貨物の輸送を各運送会社に割り振りする「配車係の役目」とも言えます。

貨物利用運送は2種類に分かれます

貨物利用運送は、トラックを運送手段とする「第一種貨物利用運送事業」と、主に船、鉄道、飛行機を運送手段に含む「第二種貨物利用運送事業」があります。

詳しく申しますと、2種類の貨物利用運送について、貨物利用運送事業法第2条で

  1. 「第一種貨物利用運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、利用運送を行う事業であって、第二種貨物利用運送事業以外のものをいう。
  2. 「第二種貨物利用運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、船舶運航事業者、航空運送事業者又は鉄道運送事業者の行う運送に係る利用運送と当該利用運送に先行し及び後続する当該利用運送に係る貨物の集貨及び配達のためにする自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く。)による運送(貨物自動車運送事業者の行う運送に係る利用運送を含む。)とを一貫して行う事業をいう。

と定められています。

行政書士事務所シフトアップでは、ご依頼の多い「第一種利用運送」のみを扱っております。ご了承ください。

unso_tel2

利用運送を始めるにはどうすればいいの?

利用運送を営むためには、「貨物利用運送事業法」に定める、要件を満たして貨物利用運送許可を取得する必用があります。

第一種利用貨物運送事業の詳しいご説明

第一種貨物利用運送事業とは、前途のとおり「他人の求めに応じ、有料で利用運送を行う事業」で、他の実運送業者を利用して行う貨物の運行を行う事業です。

第一種貨物利用運送事業の許可を取得するには、「国土交通大臣の行う登録」を受けなければなりません。このため、事業を始める前に「貨物利用運送事業登録申請」を行う必要があります。

※実際には、許可申請ではなく「登録申請」を行いますが、一般的に許可として認識されているので「許可」と記述している箇所があります。

申請は営業所を管轄する運輸支局に提出します。愛知県の管轄は、中部運輸局愛知運輸支局となります。

 

以下、当サイトでは第一種貨物利用運送事業のことを「貨物利用運送業」と記述します。

それでは、次ページ以降で貨物利用運送事業許可取得の要件などをご説明いたします。下記バナーをクリック頂くと詳細がご覧になれますので、是非ご一読ください。

いますぐ無料相談は 052-485-9989 または 080-3687-6848 まで

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

行政書士のための運送業許可のはじめ方
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.