運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

貨物利用運送業許可取得のメリットってなに?

貨物利用運送業許可取得のメリットとデメリット

貨物利用運送業は極端に言えば携帯電話ひとつあれば事業を営むことが可能です。魅力的な事業と言えますが、許可取得には「メリットとデメリット」が存在します。以下で詳しくご説明しておりますのでご一読いただけると幸いです。

貨物利用運送業許可取得のメリット

貨物利用運送業許可取得のメリットは、主に以下のようなものです。

  • 貨物利用運送許可取得の条件が運送業に比べ低いため、比較的簡単に事業を始められる
  • 事業運営にかかる経費が少ないので経営上のリスクも少ない
  • 主に電話で業務の依頼を受けるため、どこに居ても仕事ができる
  • トラックを持つ必用がないため、車両整備費などの経費がまったくかからない
  • 駐車場を持つ必要がないため、固定費が少なくて済む

など

 貨物利用運送業許可取得のデメリット

貨物利用運送業許可取得のデメリットは主に以下のようなものです。

  • 一定数以上の荷主の確保ができていないと利益が少ない
  • 荷主確保のための地道な営業が必要
  • 貨物を運ぶ実運送事業者の選定が悪いと信用を失くしてしまう
  • 荷主が多くなると電話がひっきりなしにかかってくるため対応が大変
  • トラックを持っていなくても荷主に対して運送責任を負う

など

どんな事業を営むにもメリット・デメリットは存在するので、許可を取得するかどうかはお客様の考えかた次第です。しかし、多くの事業が多額の初期投資を必用とするのに比べて、圧倒的に少ない投資で始められるのは間違いありません。

 貨物利用運送業を行うために最も必要なこととは?

ご覧頂いたように、トラックを持って運送業を営むことに比べ、少ない経費で経営できるのが貨物利用運送業許可を取得する最大のメリットです。

ただし、デメリットをご覧頂いてわかるように、事業を安定させるためには、荷主の確保を最優先でしなければなりません。

このページをご覧頂いている方は、既に荷主さんの確保はできていることと思いますが、貨物利用運送業のみを行う予定の方に、念のため荷主確保の重要性をご説明させていただきます。

貨物利用運送業開始のための基盤作りを怠らない

貨物利用運送業許可を取得して事業を開始するには、荷主を確保するという基盤作りが最も重要です。なぜなら、荷主から貨物の情報が入らないことには、輸送の依頼を運送会社に頼むことができないからです。

当事務所のご依頼者様の中には、青森から九州まで全国をくまなく営業して荷主を確保され、大きな利益を出している方もいらっしゃいます。

これは、営業の仕方しだいで貨物利用運送業だけで十分な利益を出せるという証拠です。ただし、より多くの荷主を確保するには、鉄の意志と営業努力が必要となることは言うまでもありません。

 

まとめ

当事務所に貨物利用運送業許可取得をご依頼される方は、本業に付随する業務としての利用運送が6割。純粋な利用運送のみが4割です。

本業のある方は手軽に始められる付随業務として利益を出すことが可能です。貨物利用運送業のみで事業を始める方は、いかに荷主を増やしていくかが勝負になります。

いずれにしても、トラックを持つ一般貨物運送業より許可取得のハードルは低いので魅力的な事業と言えます。

ただし、貨物利用運送業許可取得には、「貨物利用運送事業法」に定められた要件を満たす必用があります。ご自身で申請をするにはハードルの高い許認可ですので、運送業専門事務所である「行政書士事務所シフトアップ」にご依頼頂くのがベストな選択と存じます。

第一種貨物利用運送はこんなときに必要になる

貨物利用運送申請3つの条件

ご不明な点はございませんか?

行政書士法人シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士法人シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

unso_tel2

mail_unso2

関連記事

利用運送の事務所を市街化調整区域で申請

行政書士のための運送業許可のはじめ方
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.