運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送業|営業所新設 事務所と駐車場

最もお客様が苦労なさる点です。事務所と駐車場(車庫)が決まらないと全てが始まりません。 当事務所ではお客様と一緒に事務所と駐車場(車庫)探しまでお手伝いしますのでご安心ください。

運送業の営業所新設|事務所の要件

運送業の営業所新設(事業所新設)における営業所は一定の基準を満たす必要があります。

  • 賃貸の場合は1年以上の契約であること
  • 事務所の場所が都市計画法上の「市街化調整区域」と呼ばれる場所でないこと
  • 事務所の場所が都市計画法上の「第1種及び第2種低層住居専用地域」「第1種中高層住居専用地域」でないこと
  • 建築基準法、農地法、消防法などに適合した建物であること
  • おおよそ10㎡以上の広さがあること
  • 机、椅子、電話などが揃っているこ、または揃える計画であること
  • プレハブを使用する場合は、建築確認申請が必要になる場合があります

など

休憩施設・仮眠施設の要件

  • 事務所に併設されていること
  • 賃貸の場合は1年以上の契約であること
  • 都市計画法、建築基準法、農地法、消防法などに適合している建物であること
  • ドライバーがいつでも利用できる施設で、睡眠を与える必要がある場合は1人当たり2.5㎡以上の広さがある睡眠施設を設けること

 

運送業の営業所新設|駐車場の要件

運送業の営業所新設(事業所新設)認可申請では駐車場においても一定の基準を満たす必要があります。

  • 1年以上の賃貸借契約をしていること
  • 都市計画法上の市街化調整区域と呼ばれる場所でないこと。ただし、例外もありますので既に候補地がお決まりの場合は必ず不動産屋とご契約前にご相談ください
  • 営業所から直線距離で10㎞以内にあること
  • 駐車場出入口の幅が最も大きい車両の幅の2倍以上(大型車でおおよそ6m以上)あること
  • 前面道路が、小学校の通学路でないなど、交通安全上支障がないこと
  • 5m以内に交差点、曲り角、急な坂がないこと
  • 10m以内にバス停留所、横断歩道、陸橋、踏切がないこと
  • 200m以内に幼稚園、保育園、学校や公園がないこと
  • トラックを停めたときに車両と車両の間隔が50㎝以上の隙間ができること
  • トラックを停めたときに車庫と車両の間に50㎝以上の隙間ができること
  • トラックが前から入り、駐車場内で転回して前から出庫できること
  • 他の営業所と共同で使用する車両は、本拠地となる営業所で車庫が確保されていること
  • 駐車場の出入口が6m以上8m以内であること(8mを超えるとなんらかの制限が付きます

 

車両と駐車場の大きさの関係

区  分1台あたりの広さ
7.5トンを超えるもの36㎡以上
2.0トンロング越え~7.5トンまで28㎡以上
2.0トンロング1台20㎡以上
2.0トンまで15㎡以上

例)4tトラックが5台であれば、5台×28㎡=140㎡以上の大きさの駐車場が必要になります

営業所新設 駐車場の事例

駐車場は必ず5台を一つの駐車場に停める必要はないという事例

北名古屋市で大型トラック5台を収容できる駐車場を探す依頼をお客様から受けました。なかなか空きがなく、見つかったのは大型トラック4台なら停められる広さの駐車場。

運輸支局の運送業許可手引きを見ても、こういった場合の事例は載っていません。従って、これでは、駐車場の要件を満たせないかと思ってしまいます。

しかし、運送業に使用する駐車場は使用するトラックを全てを一カ所に駐車する必用はありません

このご依頼者様には、弊所で残り1台を停める駐車場を別の場所でお探しさせて頂き、申請、認可取得となりました。
運送業の営業所新設も新規許可と同じく難易度の高い許認可です。

お客様個々の事情に合わせ最適な解決策をアドバイスできる運送業専門事務所で実績豊富な名古屋市「行政書士事務所シフトアップ」にご相談頂くのがベストな選択でございます。

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら
運送業許可の基礎知識はこちら

運送業の営業所新設―車両の要件         運送業の営業所新設―営業所新設の流れ

unso_tel2

mail_unso2

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.