運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

運送業|営業所新設 車両の要件

運送業の営業所新設(事業所新設)認可申請の車両の要件についてのご説明です。

営業所新設 車両(トラック)の要件

営業所新設認可を得るには、下記の要件を満たす必要がありますのでご確認ください。

  • 営業所ごとに車両が5台以上あること
  • 購入予定の場合は売買契約書等があること
  • 車両は全てがトラックである必要はありません。車検証の用途欄に「貨物」と記載されている1ナンバー、4ナンバーの小型車や8ナンバーの特殊車両を含めて5台であれば構いません
  • 自己所有、賃貸、リースの場合は、それを証明する書類があること
  • 車検証上の所有者がリース会社等の場合でリースが終了していれば、リース会社等が発行する「完済証明」があること
  • 車両の大きさや構造が輸送する荷物に対して適切な大きさであること

海コンの場合、トラクタとトレーラーをあわせて1台と計算します

運送業の営業所新設でよくある質問と事例

お客様によく質問を受けるのが、5台全てがトラックでないといけないかというご質問です。

全て4トン車、大型車などのトラックである必要はありません。1ナンバー、4ナンバーなどの小型車で車検証の用途欄が「貨物」となっているものが含まれても構いません。

過去に、「1台だけ大型トラックで残り4台は小型車でも構いませんか?」というご依頼者様からの質問を受けました。

この場合、そもそも運送する荷物が車両の大きさに合ったものか、売上がたって業務を継続できるのかと運輸局の担当官が疑問を持ちます。

最低でも3台はトラックであることが望ましいでしょう。

 

行政書士事務所シフトアップ」では、これまでもお客様個々の事情に合わせ、運送業専門事務所ならではの的確なアドバイスをさせて頂き問題を解決してまいりました。

東海地方に運送業の営業所を新設したい!愛知県内で新たに営業の拠点を設けたい!という方は是非お気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら
運送業許可の基礎知識はこちら

 

運送業の営業所新設―運行管理者と整備管理者    運送業の営業所新設―事務所と駐車場

unso_tel2

mail_unso2

 

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.