運送業許可申請は名古屋市の行政書士事務所シフトアップ

運送会社設立の条件が5分で理解できるページ

  • HOME »
  • 運送会社設立の条件が5分で理解できるページ

運送会社設立をしてトラック運送業を開始したいという方で、初めて会社を設立する方や、初めて運送事業を行うという方は、たくさんの疑問がわくことと思います。

開業資金はいくら必要?
必用な資格は?
トラックは何台必用?

などなど・・・

このページでは、これらの疑問が解消できるよう運送会社設立について、わかり易く5分で理解して頂けるようにご説明しております。どうぞごゆっくりご覧ください。

 

運送会社設立に必要なお金

運送会社を設立するには、とにもかくにも「お金」が必用になります。この「お金」calculatorは、資本金(会社を設立すのに必要な資金)と運送業開業資金(運送業を開始するのに必要な資金)と分けて考えて頂くとわかりやすいかと思います。

以下で、運送会社を設立して運送業を始めるための資本金と事業開始資金について見ていきましょう。

 

資本金

資本金は、簡単に言うと法人を設立する際に必要なお金です。この資本金は極端に言えば1円でも、1,000万円でも構いません。言い換えればいくらでも構わないという事です。

 

運送業開業資金

運送業開業資金とは、簡単に言うと運送業許可を取得するために準備するお金です(資本金とは違います)。当事務所にご依頼頂いた方の統計で見ると、おおよそ600万円から1,600万円ほどが必用になります。

なぜ1,000万円の開きがあるかというと

  • トラックを何台揃えるのか?
  • 新車か中古車のどちらを購入するのか?
  • 事務所を借りるのか、自宅で開業するのか?
  • 事務所や駐車場の場所による賃料の差

などにより大きく変動するからです。

運送業の開業資金の必用額を詳しく知りたい方はコチラ

 

資本金と運送業開業資金の関係

資本金と事業開始資金は別々に用意する必用はありません。つまり、会社設立の際の資本金を、運送業開始のための事業開始資金に充てても良いということです。

Ex. ~ 資本金300万円で会社設立した場合~
会社設立をする際は、一旦、代表取締役となる方の個人口座へ300万円を振込みます。その後、諸手続きを経てめでたく会社設立が出来たら、資本金の300万円は自由に使って構いません。従って、この300万円を運送業開業資金として利用しても問題ないということです。

 

 

運送会社設立|営業所と駐車場(車庫)

運送会社を設立するには、ドライバーの管理などを行う営業所が必用になります。そして、トラックを駐車する駐車場(車庫)の確保も必要になります。では、どのような条件が必用になるのか、以下で具体的に見ていきましょう。

 

営業所と休憩室

「営業所」は、運送会社を運営する拠点になる場所、「休憩室」は運行の合間などに運転者が休憩するための場所のことです。これらは賃貸オフィスでも、マンCIMG0931ションの一室でも構いません。さらに賃貸でも、購入した建物でも問題ありません。

しかし、どこでも営業所・休憩室にできるわけではないのが運送業許可の難しいところです。

法律で、営業所・休憩室として使用できる場所と使用できない場所が定められているため、この法律に違反してしまう場所を営業所・休憩室とすることはできません。

ですから、運送会社を設立して運送業許可を取得する場合は、営業所・休憩室として使用できる場所かどうかをしっかり調査する必要があります。言うまでもありませんが、調査には専門知識と時間と労力が必用になります。

営業所・休憩室の要件の詳しいご説明はコチラ

 

営業所・休憩室の広さはどれ位あればいいの?

営業所・休憩室の広さは法律等に定めがないため、六畳一間でも、ワンルームマンションでも構いません。

ただし、運送会社を設立して運送事業を営むためにはパソコン、プリンター、休憩するためのイスやテーブルを用意する必要があるため、4畳半のような、あまりに狭い部屋を使用することは運送業許可を出す運輸局が認めません。

従って、営業所と休憩室を合わせて、おおよそ10㎡以上の部屋の確保が必用となります。

 

駐車場(車庫)の広さはどれ位あればいいの?

駐車場(車庫)は、トラック輸送を行う際に使用するトラックを停めるために必ず確保しなければなりません。こちらは営業所と違い、殆どの場所を駐車場にできますが、運送業に使用するトラックが収容できる広さが必用になります。

当事務所のご依頼者様の統計を見ると2t車・4t車だけで事業を行う場合で最低でも230㎡ほど、大型車が1台でも混ざれば300㎡ほどの広さの駐車場が必用になります。

 

更に、駐車場出入口の前の道路の幅が、おおよそ6mの広さがなければいけません。

運送会社を設立する際は、まず、お金、そして営業所と駐車場(車庫)に注意する必用があります。特に営業所と駐車場の使用の可否は、専門知識を有していないと判断がつきませんのでご注意ください。

 

ここまでのまとめ

運送会社設立を当事務所にご相談頂くお客様は必ず、最初は営業所・休憩室と駐車場選びのお話になります。これらは一定のルールに合致している場所でなければなりません。

具体的には、営業所・休憩室を併せて、おおよそ10㎡以上。駐車場は300㎡前後の物件を確保しましょう。さらに、大前提として600万円から1200万円ほどのお金の確保をしてください。

もし、お金の確保が難しいという方は、お気軽に「行政書士事務所シフトアップ」にご相談ください。

 

運送会社設立|トラックの台数

運送会社を設立して運送業を行うには、トラックが必用になります。では、運送会社を始めるにはトラックは何台必用になるのでしょうか?

 

必用な台数

運送会社を設立して運送業を開始するには、最低でも5台のトラックを揃える必用があります。5台の中には、ハイエースなどの小型車があっても構いません。

 

軽トラックは台数にカウントできるか?

運送業で使用する車両に、軽トラックを含むことはできません。例えば、トラックが3台しか用意できない場合は、軽トラック以外のハイエースなどの小型車を用意しましょう。

 

車両はすべてトラックでないといけないのか?

運送会社設立に必要な車両は、すべて2t車、4t車、大型車などのトラックである必要はありません。例えば、設立にあたって4t車を3台しか用意できない場合は、ハイエースやプロボックスなどの小型車を用意しましょう。

ただし、ボクシーやアルファードなどの自家用車は使用できません。この場合の小型車は、車検証上の用途欄が「貨物」となっているものでなければなりませんのでご注意ください。

 

運送会社設立|必用な資格

運送業を始めるためには、「運行管理者」の資格を持った人が必ず一人必用になります。unkan-licenseこの運行管理者は、必ずしも運送会社の社長である必要はありません。

ただし、ドライバーは運行管理者にできないため、ドライバー以外で運行管理者の資格を持っている人を確保する必用があります。

また、運送業を行うためには「整備管理者」も必ず1人必要となります。

しかし、こちらに関しては必ずしも資格を持っている必要はなく、基本的には、運送会社などで整備管理の経験が2年以上ある人であれば整備管理者となる事ができます。

 

運送会社設立|ドライバー

運送業を始めるには、上記でご説明した通り、最低でも5台のトラックが必用になるため、ドライバーは最低でも5人必用になります。従って、「トラックは5台揃えたが、ドライバーが2人しかいない」と言うような場合は、運送業許可申請ができないので注意して下さい。

さらに、ドライバーは乗車するトラックに合った免許を持っていれば、社長でも、雇入れた人でも構いません。そして、2ヶ月以上の長期雇用であれば派遣社員でも構いません。

 

総まとめ

運送会社を設立して運送業を開始するには

  • 会社の設立(資本金はいくらでも構いません)
  • 600万~1,200万円ほどのお金(運送業許可申請するためのもの)
  • 適切な広さで法律違反とならない場所にある営業所・休憩室と駐車場
  • トラック5台(軽自動車を除きます)
  • 運行管理者の資格者を持っている者
  • 整備士の資格を持っている者又はトラック等の点検整備の経験が2年以上ある者
  • 5人のドライバー

を揃えることが条件となります。

 

運送会社設立を専門行政書士に依頼した方が良い理由

運送会社を設立するには、そのタイミング、営業所・駐車場が法律に違反していないかの判断、運送業開始資金の緻密な計算が必用となります。

この中の一つでも間違うと、運送業許可を取得して運送業が開始できません。当事務所には、ご自分で運送業許可取得をチャレンジして、自分での申請が難しいと判断した方からのご依頼が後を絶ちません。

このような事実からも、運送会社設立、そして運送業許可取得は当事務所のような「運送業許可取得の専門事務所」にご依頼頂くことが、皆さまのお金と時間と労力の短縮となることは間違いありません。

重要なので繰り返しますが、当事務所は年間280件以上の運送会社設立に関するご相談を頂いており、他の行政書士事務所の10倍の案件を処理しているため、圧倒的なノウハウを有しています。

運送会社設立・運送業許可取得は、運送業許可専門「行政書士事務所シフトアップ」にお気軽にお問い合わせください。

 

 

運送会社設立と許可取得にかかる期間まるわかり編

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士事務所シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士事務所シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

スマートフォンをお使いの方へ

電話アイコンをタップしてメッセージが出た場合は「通話を許可」をタップしてください。▶くわしくはこちら

mail_unso2

blog2

行政書士のための運送業許可のはじめ方
運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士事務所シフトアップ All Rights Reserved.