運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

運送業許可とは?許可を取る前に知って欲しいこと

  • HOME »
  • 運送業許可とは?許可を取る前に知って欲しいこと

運送業許可とは国に認められた運送業者になるためのもの

運送業許可とは、簡単に言えば

「国に認められた運送事業者となるための許可」fast-truck

のことです。

言ってみれば、得意先の荷物を積み、緑ナンバー=営業用ナンバーを付けて堂々と街中を走るための許可で、正式には「一般貨物自動車運送事業許可」と言います。

 

この運送業許可について理解するのが非常に難解なため、これからわかりやすご説明していきます。

 

まずは、そもそも運送業とは何かについて解説です。

※運送業は、本来トラックを使用するもの以外に軽貨物自動車運送業、貨物利用運送業などがありますが、このページでは運送業とは、トラックを使用する一般貨物自動車運送事業のことを言います。

 

 

そもそも運送業って何?知っておくべき3つの運送業

先ほどもお伝えしたように、運送業許可を取ると正式な運送事業者になるわけですが、そもそも運送業とは何かと言うと

 

「お金をもらってトラックで他人の荷物を運ぶ」ことです。

 

もう少し具体的に言うと、「1ナンバー、4ナンバー、8ナンバーなどのトラックを使って荷主から運賃をもらい貨物を運送する事業」となります。

 

そして、法律的に言うと・・・

「貨物自動車運送事業法」という法律で「貨物自動車運送事業」と名付けられており、以下の3種類に分かれています。

  1. 一般貨物自動車運送事業
  2. 特定貨物自動車運送事業
  3. 貨物軽自動車運送事業

 

 

1~3の違いをまとめると下のようになります。

  1. 一般貨物自動車運送事業=取引先が2社以上ある(複数の荷主の荷物を運ぶ)。
  2. 特定貨物自動車運送事業=取引先は1社のみ(1つの決まった荷主のみ)。
  3. 貨物軽自動車運送事業=軽自動車を使って運賃をもらい他人からの依頼で荷物を運ぶ。

 

一般的に運送業と呼ばれているのは、上記1の「一般貨物自動車運送事業」のことです。

 

 

一般貨物自動車運送事業と運送業許可の関係とは?

一般貨物自動車運送事業とは何かというと、貨物自動車運送事業法で以下のように定義されています。

 

「他人の需要に応じ、有償で、2輪車や軽自動車を除く自動車を使用して貨物を運送する事業で特定貨物自動車運送事業以外のもの」

 

 

 

わかりやすく言うと

「緑ナンバーのついた事業用のトラックで、荷主から運賃をもらって荷物を運ぶこと。ただし、トラックには、2輪車や軽自動車を含めることはできません。」

ということになり、運送業許可とは

「事業用トラックで荷主から運賃をもらって荷物を運ぶための許可」であり、「国に認められた運送事業者になるための許可」

ということになります。

 

 

このホームページに訪れている方も含め、当事務所にご相談いただくお客様のほぼ100%が、運送業許可=一般貨物自動車運送事業許可の取得をご検討中の方だと思います。

 

ですので、当ホームページ内では「一般貨物自動車運送事業」のことを「運送業」、「一般貨物自動車運送事業許可」のことを「運送業許可」と記載させて頂きます。

 

それでは、次のページから運送業許可を取得する前に知っておきたい重要なことについてご説明させて頂きます。

お知りになりたい項目をクリックまたはタッチして先にお進みください。

 

運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.