運送業許可申請は名古屋市の行政書士法人シフトアップ

緑ナンバー取得の条件をざっくりムダなく教えます

  • HOME »
  • 緑ナンバー取得の条件をざっくりムダなく教えます

「緑ナンバー(運送業許可)を取りたいんですが、何から始めたら良いかわからないので電話しました。」

これが当事務所で緑ナンバー取得のご依頼をいただく方から一番多い問い合わせの言葉です。

 

緑ナンバー=運送業許可を専門に扱っている行政書士の私でも、初めて依頼を頂いたときは何から始めてよいか路頭に迷った記憶があるので、お客様のお気持ちは痛いほどわかります。

 

このページでは、運送業許可専門事務所として様々なお客様の許可申請をした経験をもとに、

「緑ナンバーを取得しようと思う。でも難しいことはいらないから、ざっくりした条件を知りたい」という方のために

緑ナンバー取得の条件(ルール)についてご説明します。

 

それでは、以下で取得条件を見て参りましょう。

※このページでは運送業許可取得のことを「緑ナンバー取得」と表記します。

heavy-trucks

緑ナンバー取得の条件|お金(必用資金)

緑ナンバーを取得しようと思ったときに、まず考えることは「運送業を開業するために必要なお金(事業開始に必用な資金と言います)」を確保できるか?ということです。

 

なぜなら、緑ナンバー取得に必用な他の条件と比べて、お金が足りないことをクリアしていくことが一番ハードルが高いからです。

 

具体的なお金の条件は、開業するために必用な資金を計算し、その合計額以上の預貯金を持っていることを証明ができることと定められています。

預貯金があることは、緑ナンバーを取得したい会社(個人の場合は事業主)の口座のある金融機関から取得した「残高証明書」で証明します。

 

 

ケースバイケースですが、弊社の経験上、事業開始に必用なお金はザックリ600万円~1,500万円ほど必用になります。

 

緑ナンバーを取得しようと思い立ったら、まずは事業開始に必用な額以上の預貯金が確保できるかを検討しなければいけません。

 

※600万円から1,500万円と、金額に開きがあるのはお客様によって駐車場代や事務所の賃貸料、トラックの購入代金が違うからです。必用資金の平均値は1,000万円ほどです。

 

 

 

すでに別事業を行っている企業や個人事業主の場合「みなし貸借対照表」も使える

すでに、事業を行っている会社や個人事業主であれば、現在の売掛金がいくらあるかを計算した「みなし貸借対照表」上の売掛金の額と残高証明書の額を合算した額を事業開始に必用な資金額とすることもできます。

 

つまり、みなし貸借対照表の売掛金額+残高証明書の額が、事業開始に必用な資金額を上回っていればお金の条件をクリアできるということです。

 

 

 

お金が足りない!緑ナンバー取得前に融資を受けることはできるの?

結論から言うと、緑ナンバー取得前に銀行や日本政策金融公庫などから融資を受けられる確率はかなり低いです。

なぜなら、銀行などお金を貸す側は、

「これから緑ナンバー取得の申請をする事業者は、本当に緑ナンバー取得できるかわからない。だから緑ナンバー取得前に運送事業開始に必用な資金を貸すことはできない」

という考えを持っているからです。

 

緑ナンバーを取得するためのお金を貸して欲しいのに、緑ナンバーを取得してからでないと貸せない。これは私も、お金を工面する必用のある申請者様も納得のいかない部分です。

しかし、お金を貸す側の論理を受け入れるしかないのがもどかしいところです。

 

とは言え、緑ナンバー取得の前に融資を受けることは100%無理というわけではありません。

弊社のお客さまの中には、緑ナンバー取得前に信用組合などから融資を受けて事業資金を確保して申請、許可取得となった事業者様もいらっしゃいます。

 

 

緑ナンバー取得の条件|必用な資格

緑ナンバー取得の際に、トラックの運転免許以外に必ず必用な資格は「運行管理者資格」です。

punishment

 

運行管理者資格を持った人を確保していないと緑ナンバーを取得して運送業を行うことはできません。

 

運行管理者の人数は、車両数29台までは1人。以後30台増えるごとに1人ずつ増やさなければいけないと定められています。

したがって、車両5台で運送業を始める場合は最低でも1人は運行管理者資格を持った人を確保しなくてはいけません。

 

ちなみに、整備管理者という者も、緑ナンバーを取るためには必ず必用になりますが、こちらは運送会社などで2年以上、運転者や整備管理者などをやっていた経験があることを証明できれば、自動車整備士などの資格を持っていなくても構いません。

※整備管理者となる人が資格を持っていない場合は、運輸局が行う「整備管理者選任前研修」という研修を受講する必用があります。

 

 

どうしたら運行管理者になれるの?

手っ取り早く運行管理者になるには、運行管理者試験に合格することです。ただし、この試験は3月と8月の年2回しか行われないので計画的に受験しなければいけません。

 

なお、運行管理者試験を受験するには、1年以上の実務経験があるか、3日間かけて行う「運行管理者基礎講習」という講習を受講しなければなりませんのでご注意ください。

 

試験がどうしても苦手だと言う方のために、5年かけて毎年講習を受けて資格を取る道も残されています。この方法は、長期の計画を立てるか、基礎講習1回、一般講習4回を5年かけて受講している人を確保する必用があります。

 

 

緑ナンバー取得の条件|人

緑ナンバーを取るためには、最低6人の「人」が必用になります。6人の内訳は、ドライバーの数が最低でも5人。運行管理者が最低でも1人となります。cooperation

「ドライバーが運行管理者をやればいい」と思う方もいるでしょう。

しかし、運輸局の規定で運行管理者は「事業用自動車=トラックの運転者は兼任できない」と決められています。

 

ですから、緑ナンバーを取得するためには、最低でも人が6人必用となります。

 

緑ナンバー取得の条件|トラック

緑ナンバーを取るために必用なトラックの台数は、最低でも5台です。5台の中に軽自動車を含めることはできませんのでご注意ください。truck

 

ただし、プロボックスやハイエースなどの小型車貨物車が入っても構いません。

 

緑ナンバー取得の条件|事務所と休憩室

telephone緑ナンバーを取るためには、運送業を営むのに必用な「事務所(営業所)」になる場所と、ドライバーが休憩するための「休憩室」を必ず確保しなければいけません。

 

弊社のお客さまの中には、休憩室はなくてもみふぉリナンバー取得ができるとお考えの方もいらっしゃいます。しかし、休憩室となる場所も確保する必用があります。

 

事務所と休憩室の広さはどれだけあればいいの?

事務所と休憩室は、何坪以上の大きさがないといけないという広さの決まりはありませんので、ワンルームマンションを使用することも可能です。

 

 

緑ナンバー取得の条件|駐車場(車庫)

緑ナンバーを取るためには、トラックを停める駐車場(車庫)を確保していなければなりません。最低でもトラックの数は5台ですから、5台が余裕をもって停められる広さが必用です。

 

まとめ

緑ナンバー取得のためのざっくりしたご説明は以上で終わりです。

お金、資格、人、トラック、事務所と休憩室、駐車場(車庫)について定められた条件をすべてクリアしなければいけないことはご理解いただけましたでしょうか。

 

実際に緑ナンバーを取るためには、このページで書いたこと以外に各種の法律や規則で決められた「非常に細かな条件」をクリアしないといけません。

 

もっと少し詳しいことが知りたいという方は、運送業許可の専門事務所「行政書士法人シフトアップ」にお気軽にご相談ください。緑ナンバー取得の専門事務所ならではのノウハウで、お客様の疑問に即答します。

 

自分で、もう少し緑ナンバー取得の条件を調べたいという方は「運送業許可の取得に必用な条件を確認しよう」をご覧ください。

 

▶一般貨物自動車運送事業の始めかたが5分でわかるページ

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士法人シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士法人シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら

名駅から徒歩5分  愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14 ISE名古屋ビル 501 TEL 052-485-9989 【営業時間 9時~21時】 年中無休 土日祝も営業

運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
行政書士川合のブログはこちら
Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.