<愛知県一宮市市役所建築指導課担当>
『貨物利用運送の事務所をここに設定するのは、用途変更の許可はいりませんが都市計画法に違反してないとは言い切れないんです。』

 

<わたし>
そんなあいまいな答えで納得いきません!』

 

 

貨物利用運送の事務所使用をめぐってこんなやりとりをしたのが4日間前。

貨物利用運送許可を取得したいと、ホームページをご覧頂き問合せを頂いた㈱H様の案件での出来事です。

 

㈱H様からは「貨物利用運送の許可を取りたくてインターネットで色々と調べて書類もある程度作成したけど、やっぱりよく解らないのでお願いします。」とご依頼を頂きました。

 

既に建設業を営んでいる㈱H様は、他の建築業者の建築資材等を運送業者に手配する業務を新たに行うため、貨物利用運送の許可を取得したいとのこと。

最近は、建設業をやっているという方からの利用運送許可取得の依頼が増えています。建設業界もコンプライアンスをしっかり守らないといけないという方が増えている証拠ですね。

 

 

やっぱり市街化調整区域でした

利用運送許可を取るための資金の要件である、純資産300万以上があることは貸借対照表を確認させていただき全く問題なしです。

 

事務所の方は・・・

 

心配していた通り「市街化調区域」でした。愛知県の一宮市は市街化調整区域が多いので、運送業、貨物利用運送業を問わず、お客様ご希望の場所が事務所使用できないず困ることが多い地域です。

私は社長に市街化調整区域と呼ばれる場所は「既存宅地」でないと事務所使用できない旨伝えました。

 

 

<社長>
「この事務所から5分の場所にある自宅が確か既存宅地だった。少し前に家を新築した時に、そんなことを建築事務所が言っとったわ。そこで申請できない?」

なるべく費用は抑えて新事業開始したいのは誰でも同じです。他に事務所を借りるコストを考えると賢明な選択と言えます。

調査開始!

翌日、私は早速調査を始めました。

今回は社長自宅が既存宅地と呼ばれる土地に建築されていれば問題なく貨物利用運送の許可申請ができます。

法務局へ行って土地の登記簿謄本を取得。分筆の繰り返しが行われており、4部登記簿を取得してようやく昭和45年11月前から既存宅地であることが確認できました。

 

登記簿をもっていざ一宮市の建築指導課へ!

30分以上のやり取りの末、出た答えが冒頭のセリフです。ほんとうに今回はてこずりました。

「用途変更の許可を取る必要はないが、都市計画法上問題ないとは言い切れない。」

で、結局どうすればいいの?
お堅い対応の市役所の担当者。久々にこういうお方と出逢いました。

 

まとめ

貨物利用運送業、運送業・貸切バス事業も事務所の要件は同じです。トラックを持たず実運送をしない貨物利用運送とはいえ、市街化調整区域の事務所では基本的に申請ができません

例外的に、都市計画法第34条等に定める条文に当てはまる場所であれば申請可能です。

34条に該当するかどうかの調査は、何度も法務局に行ったり役所に交渉に行ったりと多くの時間を費やします。

皆さんは大切な時間の浪費をしないようにしてくださいね。貨物利用運送の許可取得をご検討中の方は、プロの運送業専門事務所に一度相談することをおすすめします。

 

続きは、次回にご報告します。お楽しみに!

 

貨物利用運送の事務所を市街化調整区域で申請Part2

▶利用運送とは何かを5分で理解できるページはこちら

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士法人シフトアップと他事務所の違いはこちら(トップページ)
行政書士法人シフトアップのご案内はこちら
代表行政書士のプロフィールはこちら
既に他の事務所に既に依頼している人はこちら
報酬額のご案内はこちら