小型車

自動車運転代行業|保険加入時のポイント②

この記事では、自動車運転代行業を行ううえで欠かせない「自動車保険」の加入について分かりやすく説明いたします。

運転代行業をおこなおうと考えている方は、是非ご一読ください。

 

自動車運転代行業の許可取得に保険開始日を合わせる

自動車運転代行業申請における保険加入時のポイントは、保険が始まる日を許可がおりる日に合わせることです。

自動車運転代行業の申請には、随伴用自動車の自動車保険に加入して、保険証券の写しを提出する事が要件になっております。

弊所にご依頼頂いたお客様から「申請をする時点で保険加入すると許可がおりるまでの約1ヶ月の保険料がムダになってしまうので、いい方法はないか」というご質問です。

 

一般的に、自動車保険は、契約をした日や、その直後から保険の補償が始まるように申込みしなければいけないと思っている方が大勢います。

しかし、そのようなルールはありません。

自動車保険は加入の3ヶ月前から申込が可能です(※保険会社により異なる場合がございます)。従って、契約時から3ヶ月以内の間で保険の補償が始まる日を指定することができます。

例えば、

自動車運転代行業認定申請をした日が5月1日、許可取得の予定日が1ヶ月後の6月1日→ 自動車保険契約時に5月31日を補償開始日に指定して申し込む

といった具合にすれば、毎月の保険のお支払いのムダがなくなります。

 

注意事項

自動車運転代行業は、自動車保険の補償開始日以降からしか運転代行業を営むことができません。従って、自動車運転代行業の許可が予定日より早くおりた場合、補償開始日を待って営業開始することになります。

ご依頼者様は1日でも早く営業開始したいと思っていますので、このようなことが起こらないよう、許可取得予定日より少し早めの補償開始日にしておくことを当事務所ではオススメしております。

 

保険加入のポイント①

気になる代行業の開業費用

ご不明な点はございませんか?

行政書士法人シフトアップと他事務所の違いを見てみる
会社概要とアクセス方法
代表行政書士プロフィールを見てみる
すでに他の行政書士へ依頼している人はこちらをご覧ください
遠方からご依頼の方のためのQ&A集
報酬額一覧

無料電話相談※お急ぎの方は代表直通 080-3687-6848 までお掛けください。

無料メール相談

  • この記事を書いた人

川合 智

運送業許可のプロ事務所「行政書士法人シフトアップ」の社長★トラック運送会社に12年勤務後に開業。著書【行政書士のための運送業許可申請のはじめ方】★行政書士向けに運送業許可を教える「くるまスクール」主催者