運送業許可申請は愛知県名古屋市の行政書士法人シフトアップ

運送業許可の資金の要件と開業費用を専門家が解説

運送業許可取得には、事業を開始するのに必要な開業資金の要件が定められています。事務所・駐車場の選定と並んでお客様がもっとも苦労なさる点であり、とても重要な要件となっております。

このページでは運送業許可取得時の資金の要件と運送業の開業費用・開業資金について優しく解説いたします。ページ後半には弊社シフトアップの事例に基づいた運送業開業費用の目安も公開しておりますので、ぜひご確認ください。

運送業許可の資金の要件と開業費用

運送業許可|資金の要件を確認しよう

運送業許可における「資金の要件」をクリアするには、申請者が運送業を開業するために必要な資金=自己資金を有していることを証明しなければいけません。

運送業開業に必要な資金の内訳は下記一覧表のとおりです。

 

運送業許可|必要資金一覧

資金名内容
人件費役員報酬・給与・手当の2か月分
社会保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、労災保険料の事業主負担分の2か月分
福利厚生費(給与、手当、賞与などの2%)
燃料費月間の総燃料費×リッターあたりの平均価格の2か月分
油脂費(オイル代など)2か月分
修繕費外注修繕費×車両台数の2か月分
タイヤ、チューブ消費本数×1本あたり単価の2か月分×車両台数
車両費事業開始にあたって購入する場合は、車両購入費全額
リースの場合はリース料6カ月分
分割払いの場合、頭金と毎月の支払額6ヶ月分
車両関係税金自動車税、自動車重量税、自動車取得税の1年分
保険料自賠責保険、任意保険の支払い保険料1年分
事務所・駐車場費用事業開始にあたって購入する場合、土地や建物の購入費全額
賃貸の場合、毎月の支払額6カ月分
分割払いの場合、頭金と毎月の支払額6ヶ月分
什器・備品運送業を始めるにあたって購入した机、椅子、その他の設備や備品の購入費全額
登録免許税12万円(運送業許可取得時に納める税金のこと)
その他水道光熱費、携帯などの通信費、広告費など全ての諸経費2か月分

上記開業資金の合計額を算出し、その額以上の自己資金を申請者が有していることを証明して資金の要件をクリアします。

 

 

自己資金があることを証明するのは「残高証明書」

申請者が運送業の開業に必用な資金を有していることは、銀行など金融機関が発行する「残高証明書」という文書で証明します。

残高証明書と聞くと通帳の写しを連想される方がいらっしゃいますが、そうではありません。残高証明書とは、あなたが指定した年月日にあなたの口座にいくらの預金があるかを証明する書類のことです。

 

例えば、三菱UFJ銀行名古屋支店にあなたの口座があったとします。その口座の2019年2月1日の預金残高の額を銀行に証明してもらうには、三菱UFJ銀行名古屋支店にお願いして、2019年2月1日現在の残高証明書を発行してもらいます。

 

運送業許可申請の申請者が個人事業主のときは事業主名義の口座、法人が申請者のときは法人名義の口座の残高証明書で運送業開業に必用な資金=自己資金を有していることを証明します。

残高証明書に関しては、ご注意いただきたいポイントがいくつかありますので下記で解説いたします。

 

 

残高証明書に関する3つの注意ポイント

注意ポイント1|残高証明書には有効期限がある

残高証明書には有効期限があり、運送業許可の申請受付日からさかのぼって2週間以内に発行されたものでなければ資金の要件をクリアできません。

 

 

注意ポイント2|その日の入金は残高証明書に反映されない

残高証明書発行にあわせて運送業開業費用を申請者の口座に入金するケースがあります。このときご注意いただきたいことは、入金日当日の預金残高は残高証明書に反映されないということです。

金融機関によって違いはありますが、口座への入金が反映されるには1営業日~3営業日ほどかかります。許可申請スケジュールに合わせて口座へ入金するようにしましょう。

 

 

注意ポイント3|残高証明書の提出は2回しないといけない

運送業許可申請の受付後2ヶ月を経過するころに、運輸支局から2度目の、残高証明書提出を求められます。基本的には最初に提出した残高と変動があってはいけません。

従って、自己資金は許可取得まで減らすことができませんのでご注意ください。

※広島県など中国地域では、1回目の残高証明書を提出したときから2回目の残高証明書提出までの間に、自己資金が目減りしていないことを証明するための通帳の写しが必用となります。
残高証明書

運送業開業費用のケース別まとめ

運送業開業に必要な資金の目安は

600万円~1,600万円

ほどです。これは、弊所に運送業許可申請をご依頼頂いた方から算出した統計に基づいておりますので真実味のある数字なのは間違いありません。

600万円~1,600万円と幅が大きいのは、開業時に必要なトラックが4t車5台なのか、大型車5台なのか、全て新車か、全て中古車なのかなどの違いです。

一部が中古車であったり、ハイエースなどの小型車が入るケースもありますが、その場合は減算してお考え頂ければと思います。

運送業開業費用

トラック購入のケース別運送業開業費用の事例

ケース目安金額
営業所・駐車場を賃貸。かつ、車両購入費なし600万円程
営業所・駐車場を賃貸。かつ、4t車5台すべて中古車を購入600万円~1,000万円程
営業所・駐車場を賃貸。かつ、4t車5台すべてを新車で購入1,200万円~1,400万円程
営業所・駐車場を賃貸。かつ、大型車5台すべて中古車を購入1,000万円~1,300万円程
営業所・駐車場を賃貸。かつ、大型車5台すべて新車を購入1,600万円程
※購入費はリースまたはローンで購入することを前提としています。
※中古車購入の場合は年式や走行距離によって金額が変わります。また、事務所・休憩室および駐車場(車庫)の賃料により金額が変わります。

 

 

まとめ

運送業の開業資金の計算は、トラック購入資金や保険料、土地・建物の購入費などを正確に計算しなければいけません。

なぜなら、この計算を間違えると、せっかく運送業許可を取得したのに、実際のトラック購入などで預金残高が目減りして事業計画のつじつまがあわず、申請取消しになる可能性があるからです。

当事務所にご依頼頂いた方は、申請取消しになった方は一人もおりませんので心配不要です。「行政書士法人シフトアップ」は、ご依頼者様が確実に運送業許可取得できるよう、お客様に合った資金計画を正確に作成いたしますので安心してご相談ください。

 

車両(トラック)の要件を専門家が徹底解説

【必見】市街化調整区域で運送業許可申請物語

 

ご不明な点はございませんか?

行政書士法人シフトアップと他事務所の違いを見てみる
会社概要とアクセス方法
代表行政書士プロフィールを見てみる
すでに他の行政書士へ依頼している人はこちらをご覧ください
報酬額一覧

無料電話相談※21時以降は、代表直通 080-3687-6848 までお掛けください。

無料メール相談

運送業許可取得の近道をしたいという方へ朗報!
年間相談件数430件超えのシフトアップが、お客様からよく頂く質問をもとに運送業許可を取るために本当に必要な情報をぎっしり詰め込んだ「運送業許可の教科書」をただいま無料プレゼント中。

運送業許可の教科書

下記フォームをご入力いただくとメールで冊子を受け取ることが出来ます。

個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません)

 

車両(トラック)の要件を専門家が徹底解説

【必見】市街化調整区域で運送業許可申請物語

運送業許可2つのポイント
個人運送業で開業
巡回指導のポイント
川合智の著書「運送業許可申請のはじめ方」

代表社員/行政書士 川合智

川合智
運送会社に12年勤務した行政書士。運送業界では運行管理者、配車、総務経理、執行役員を経験。

詳しいプロフィールはこちら

無料電話相談はこちら

0120-769-731

 

お急ぎの方は代表直通へ

080-3687-6848

Copyright © 行政書士法人シフトアップ All Rights Reserved.